March 08, 2018

NHK-BSプレミアム『クラシック倶楽部』

クラシック倶楽部 イーヴォ・ポゴレリチ In 奈良 -正暦寺 福寿院客殿-

3月26日(月)午前5時00分~午前5時55分NHK BSプレミアム『クラシック倶楽部』で、ポゴレリチの演奏の映像が放映されます。2017年10月24、25日 正暦寺福寿院客殿(奈良県奈良市)で収録されたものです。2016年12月の来日時、ポゴレリチは奈良を訪れていましたが、今にして思えばあれが下見になったのでしょうか。
番組では演奏とインタビューが放映されるとのことです。

曲目は以下の通り。2017年10月のリサイタルには入っていなかった曲もありますが、そのあとの12月のセルビア公演の曲目になったものもあり、この時期のポゴレリチの心境や選曲の理由なども、想像してみることしかできませんがなかなか興味深く思われます。

・ハイドン「ピアノ・ソナタ Hob.XVI-37 から第2楽章」
・クレメンティ「ソナチネ 作品36第4から第2楽章」
・ショパン「ポロネーズ 第4番 ハ短調 作品40第2」
・ショパン「ノクターン ホ長調 作品62第2」
・ラフマニノフ「楽興の時 作品16 から 第5番 変ニ長調」
・シベリウス「悲しいワルツ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2017

ベオグラード公演 第一夜

今回のベオグラード公演は、12月16日がショパンのピアノ協奏曲第2番、オケはセルビア放送交響楽団、指揮はボヤン・スージッチ。続いて12月18日がリサイタルで、プログラムは10月20日の東京公演と同様のものが予定されています。

以下は16日の協奏曲の様子を伝えるセルビア語の記事です。ベオグラード本社の新聞 Vecernje Novosti。
Иво Погорелић омађијао и публику и музичаре (ФОТО)

待ち焦がれた、伝説のポゴレリチの帰還とあって、ベオグラードの聴衆の熱気は大変なもので、まさに歴史的な演奏会となったと記事は伝えています。

一方で、ウェブ上での反応を見ると、ユーゴ崩壊時にクロアチア国籍を選択し約30年間ベオグラードを訪れることのなかったポゴレリチに対し、一部には感情的な批判も出ています。もとはユーゴスラヴィアというひとつの国家でしたが、歴史的にみてもセルビアとクロアチアの両国の関係は常に良好であったとは言えず、ベオグラード生まれで現在クロアチア国籍のポゴレリチは、複雑な立場にいると思われます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

28年ぶりのベオグラード公演

12月16日、ポゴレリチは28年ぶりに生まれ故郷のベオグラードで演奏会を行いました。ユーゴスラヴィア崩壊後、ポゴレリチがベオグラードで弾くのはこれが初めてでした。セルビア語の記事も多数、出ていますので、ご紹介して行きたいと思いますが、まずは最も写真の点数が多い、クロアチアのVecernji社の記事のリンクを貼っておきます。

Ivo Pogorelić: Nakon 28 godina u rodnom Beogradu

ここから、写真10点が見られます。伝説の女優ミレナ・ドラビッチが、ポゴレリチが弾くならば是非聴きたいと、夫の死後初めて公に姿を現したことなども報道されています。
https://www.vecernji.hr/galleries/gallery-282888/?page=1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2017

増補版:ピアニストが語る!

【増補版】ピアニストが語る!(アルファベータブックス)

2014年に、焦 元溥 著・森岡 葉 訳で初めて発売された『ピアニストが語る!』が、このほど新たに、2016年12月来日時のポゴレリチのインタビューを加えた増補版として刊行されます。前回お買い求めになれなかった方も、この機会にいかがでしょうか。ポゴ氏ファンにとっては、特に両バージョンの初版を所有しているとなれば、まさに将来のコレクターズ・アイテム(笑)!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2017

10月20日リサイタル曲目一部変更

■10/20(金)イーヴォ・ポゴレリッチ ピアノ・リサイタル 曲目一部変更のお知らせ(KAJIMOTO)

単券発売を目前に、リサイタルの曲目が一部変更されました。個人的にはついにクレメンティのソナチネが聴けるのかと、感無量です。

[変更前の曲目]
モーツァルト: アダージョ ロ短調 K.540
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57 「熱情」
リスト: 超絶技巧練習曲第10番/第8番「狩」/第5番「鬼火」
スクリャービン: ピアノ・ソナタ第3番 嬰ヘ短調 op.23
ラヴェル: ラ・ヴァルス
      ↓
[変更後の曲目]
クレメンティ: ソナチネ ヘ長調 op.36-4
ハイドン: ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI-37
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57 「熱情」
ショパン: バラード第3番 変イ長調 op.47
リスト: 超絶技巧練習曲第10番/第8番「狩」/第5番「鬼火」
ラヴェル: ラ・ヴァルス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2017

10月東京公演の単券発売予定

10月のポゴレリチ東京公演は、既にワールドピアニスト・シリーズとして、セット券での発売が1月下旬から始まっていましたが、来月はいよいよ、ポゴ氏リサイタルのみの単券が発売される予定です。これから個々のリサイタルとしてお求めになる方々は、どうぞ(^^)。

●今後のチケット発売日時をお知らせします!(KAJIMOTO音楽日記)

10月20日(金)19:00 サントリーホール
イーヴォ・ポゴレリッチ

モーツァルト: アダージョ ロ短調 K.540
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57 「熱情」
リスト: 超絶技巧練習曲第10番/第8番「狩」/第5番「鬼火」
スクリャービン: ピアノ・ソナタ第3番 嬰ヘ短調 op.23
ラヴェル: ラ・ヴァルス

【カジモト・イープラス会員限定先行受付】
6/15(木) 12:00 ~ 6/18(日) 18:00
【一般発売】
6/24(土) 10:00 ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2017

今年も来日!

KAJIMOTOワールド・ピアニスト・シリーズ2017で、ポゴレリチが来日すると発表されました。
http://www.kajimotomusic.com/jp/news/k=2644/

10月20日(金)19:00 サントリーホール
イーヴォ・ポゴレリッチ

モーツァルト: アダージョ ロ短調 K.540
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57 「熱情」
リスト: 超絶技巧練習曲第10番/第8番「狩」/第5番「鬼火」
スクリャービン: ピアノ・ソナタ第3番 嬰ヘ短調 op.23
ラヴェル: ラ・ヴァルス

チケットはシリーズセット券としての発売予定が発表されています。

カジモト・イープラス会員限定先行受付 :1月28日(土)12時~31日(火)18時
一般発売:2月1日(水)10時~3日(金)18時

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2016

ポゴレリチ、上海公演

12月2日、ポゴレリチは上海からアジア公演を開始しました。記事はChinaNewsのもので、上海公演の前の11月30日のインタビューです。『イーヴォ・ポゴレリチ上海に登場 ショパンほかを個性的な解釈で演奏』のような見出しがついています。
伊沃·波戈莱里奇现身上海 将“个性演绎”肖邦等名曲(2016年11月30日中国新闻网)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2016

最新録音!

ポゴレリチ(ポゴレリッチ)の、98年以来となる最新録音がIDAGIOからの配信で出ました!メアドとパスワードを設定すると無料お試しですぐ聴くことができます。ベートーヴェンのソナタ22番と24番がUPされています。
https://partner.idagio.com/pogorelich/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2016

Happy Birthday

本日は、イーヴォ・ポゴレリチの誕生日です。公式発表の範囲では、10月には演奏会予定がありません。マエストロ・ポゴレリチはスイス・ルガーノの自宅で誕生日を迎えられたでしょうか。来月はヨーロッパで公演し、年末には、中国公演から引き続いての来日公演が控えています。予定通りであれば、既に2016年秋冬のリサイタルプログラムは、9月30日のポルトガル・リスボン公演にて披露された筈です。日本では12月10日、サントリーホールでのリサイタルが初日となります。良いコンディションで来日できるよう祈っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«12月来日公演予定