« 東京公演プログラム変更 | Main | 梅津時比古氏の評 »

October 22, 2005

NHK出演

11月27日にNHK『芸術劇場』で、ポゴレリチが取り上げられるようです。

11月27日( 放送時間 22:00~24:15 )
【情報コーナー】●特集 「再びステージへ・・イーヴォ・ポゴレリチの新しい世界

『最愛の妻、そして父の死を乗り越えたポゴレリチの現在の心境と新しい音楽の世界をインタビューする』・・・。そんなこと、訊いてしまって、大丈夫なんでしょうか(^_^;)!?

|

« 東京公演プログラム変更 | Main | 梅津時比古氏の評 »

テレビ・ラジオ関係」カテゴリの記事

Comments

ええっ!? NHKに?
ぐわあ〜 ほんとですかっ!
ろ、録画しなくては……ってまだまだ先ですが。
あ、コンサート、もう今日になってしまいました。
どうか、無事に……(^_^;)

Posted by: まりこ | October 23, 2005 12:51 AM

まりこ様。
オフ会ではお目にかかれて光栄でした。色紙にイラストも描いて頂けて、さすが、まりこさん!ありがとうございました。

ポゴレリチのインタビュー、どんな感じで収録されたのでしょうね。日にち的に、演奏会の前かしら、後かしら。放映が楽しみなような、怖いような(^_^;)。

Posted by: 転妻よしこ | October 25, 2005 10:31 AM

よしこさま、お会いできて嬉しかったです。
ああ、よしこさんだ〜(#^.^#) と、開演前のハイなキモチがさらにアップしておりました。
色紙、ほんとにポゴレリチの手に渡ったんですね!? す、すごい、すごい〜〜(^_^;) もっとちゃんと、かけばよかった(^◇^;) サインもしてもらったんですね? す、すごい、エライ、尊敬します(わたしは、小心者なので、なかなか……)

27日のポゴ、たのしみです。ほんと、何をどう、どんな声で語ってるのでしょう。楽しみなような、怖いような……って、常にポゴイベントにはその感情がつきまとってます。
と、ところで、ポゴの奥様って、どんな方? でした?
すんごく気になる……の……です……が(ちょっと小声になってるワタシ)

Posted by: まりこ | October 26, 2005 09:03 PM

こんばんわ。
これって、演奏ありですか?
インタビューだけ?
うーーん、残念だなあ。
昔のでよいので、NHKアーカイブとして再放送してくれればと、思いました。
え、「NHKアーカイブ」って、番組でしょうって?確かに。。

Posted by: JohnClark | October 27, 2005 08:16 PM

まりこ様
ポゴレリチ夫人は、↓の緑の服のツーショットの方です。
http://www.gloria.com.hr/site/mainpages/detail3.php?godina=2004&mjesec=srpanj&broj=499&link=pogorelic499.htm
演奏会のとき、ずっと客席で聴いていらっしゃいました。ポゴレリチがサインするときも、隣に立って荷物を持ち、にこやかな表情で、見守っていらっしゃいました。なかなかお綺麗な方でしたよ(*^_^*)。ポゴレリチの私生活が幸せであるらしいことが察せられました。

JohnClark様
多分、演奏は収録されていないと思います。彼がこの番組用に弾けば別ですが、『コンサートホールでの弾き方と録音用の弾き方は完全に別のもの』という彼の持論が変わっていなければ、演奏会を録画してTVで放映する、ということはポゴレリチが承諾しないのではないでしょうか。昔々は、彼はまだそういうことを言っていなかったので、83年来日公演はNHK芸術劇場で放映されましたが、あの録画を再放送、と企画は、ヤッパリ難しいんでしょうかね(^^ゞ。

Posted by: 転妻よしこ | October 28, 2005 09:43 AM

やはりあの、緑の服のかただったのですね……そんな気がしてました。ありがとうございます!
ミレンカさん? でしたっけ。
天才との結婚生活って、きっと精神的に強くないとできないでしょうね……ホロヴィッツの妻が「悪魔と天使が同居する」と語っていたことをおもいだしました。
それにしても、あのクロアチア語(でしたっけ)の記事……読んでみたいものですね(^◇^;)

Posted by: まりこ | October 28, 2005 06:09 PM

ポゴの奥さんって、中国サイトに出てた「助手」とされる人じゃなかったんですね。私はてっきり彼女が奥様だとばかり・・。てか、彼女だれ?

Posted by: 或缶 | October 28, 2005 10:35 PM

> よしこさま
ポゴレポ、拝読しました。私は行けなかったんですが、実際聴いたような気持ちになれましたし、今のポゴのスタイル、目指す方向性など、聴いてないのに知った気になれました(^^; 
それにしても、そろそろもーいー加減、新しい録音をリリースしていただきたいですねえ。まあご本人も録音には前向きだそうですから、期待は持てるかもしれませんが。でもまーしかし、ショパンのスケルツォから10年、ここ10年のポゴはすごいすごいという風聞のみを聞いて、私は妄想が膨らんでおかしくなりそうです。ほんま早よ出して。

ともあれ、ポゴレポ、非常に読み応えがあって、おもしろかったです。ありがとうございました。

Posted by: 或缶 | October 28, 2005 10:46 PM

まりこ様
彼女はドイツ公演にも付き添っていらしたそうなので、きっと、ポゴレリチがここまで活動を再開できたのも、奥様の御陰だろうと想像しています。お名前は、私の解読が正しければ、ミレンカ・スタニッチさん、という感じの発音だろうと思われます。
ホロヴィッツ夫人はトスカニーニのお嬢様でしたよね。ああいう血筋と育ちの女性でも、やはり天才芸術家との結婚生活は、想像を絶するものがあったのでしょうね~・・・・。文字通り「内助の功」が不可欠なのでしょう。ふたりでひとつの人生を生きるくらいの大変さなのでしょうね。

或缶様
そうなのです、あの中国語記事の「助手」って一体。現地マネージメントの人とか、通訳とか、譜めくりを担当してくれた人とか、何か、そのような仕事絡みの「助手」さんでいらしたのでしょうか?謎ですね。
拙文を早速お読み下さいまして本当にありがとうございます。こちらこそ、心より御礼申し上げます。御本人に演奏哲学を伺った訳ではありませんので、すべて私の脳内妄想かもしれませんが、私には、あのような印象があった、ということで、お許し下さい~~(^_^;)。

Posted by: 転妻よしこ | October 29, 2005 07:47 AM

しょっぱなの、「カメラ目線♪」が、もう大サービスってかんじで、妙に感動してしまいました。吹き替えの声が残念でしたが、落ち着いて、やさしい(不敵、とも云うか!?)微笑をたたえて、元気になってよかったな~と思いましたねぇ。

クラシカさんのHPでも、コメントされてますネ。「金色の袈裟を着た僧侶」。。。誰でもそう思いますよね~

Posted by: あさがお | November 29, 2005 10:12 AM

あさがお様もご覧になったのですね。ご感想ありがとうございます!

ポゴレリチが日本のテレビに出たのって、もしかしたら83年以来初めてのことではなかったか、と思います。私も、元気そうな様子を見てとても嬉しく思いました。

やっぱり「出家」してますよね~。仏壇の飾りみたいにキラキラな袈裟でしたね(爆)。

Posted by: 転妻よしこ | November 30, 2005 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NHK出演:

« 東京公演プログラム変更 | Main | 梅津時比古氏の評 »