« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

November 29, 2005

11月27日 NHK芸術劇場

ポゴレリチのインタビューが、先日27日のNHK『芸術劇場』で放映されました。「見そびれたので内容を教えて欲しい」というメールを複数、頂きましたので、概略ですが、記録しておきたいと思います。

まず、『芸術劇場』のタイトル画面とテーマ音楽に続いて、「おふたりのビッグアーティストのインタビューを紹介します」ということで、小澤征爾とポゴレリチの、それぞれの映像が流れます。ここでのポゴレリチは最初、タバコをふかしている横顔から写り、やがて正面カメラ目線になって、笑顔を見せます。バックに流れているのはラヴェルの『スカルボ』。

スタジオは森田美由紀アナと、ゲストの小曽根真さんで、小曽根さんが『ポゴレリチのことを最近まで知らなかったのだが、家内が知っていて、演奏会に自分は行けないけれど聴いていらっしゃいと言うので出かけたら、本当にびっくりした』という意味のことを話されます。

森田アナによるポゴレリチの紹介は、一般的に知られている経歴とショパン・コンクールの事件、それにアルゲリッチの「天才」発言で、画面には木之下晃氏の撮影による、10月23日サントリーホールのステージの写真が出ます。

ここからポゴレリチ本人の映像になり、まずバックにはハイドンの『ソナタ第19番第二楽章』の一部が流れ、10月27日長野県蓼科高原、というテロップが出て、ポゴレリチが高原ロッジのバルコニーみたいなところに立っている様子が映されます。服装は音友12月号に出ていた、チャイナ風の襟の、きらきら光る素材の服と、ハーフパンツで、それに扇子を持っています。頭はスキンヘッド、帽子などは無しです。

場面が変わって室内になり、ポゴレリチのバストショット。アリスとの出会いについて彼は語り始めます。
モスクワ音楽院に入ったばかりの頃、自分は疑問を抱えていた。何も習得できていない、音楽院も合っていないように思われて、何か新しい答えを探していた。そんなとき、アリスに出会った」。

DVDのバッハ『イギリス組曲第2番プレリュード』が画面に映り、初めてのアリスのレッスンがどれほど衝撃的だったかが語られます。
初めてのレッスンのあと自問した。自分は音楽の世界で踊りたいと思っているのに、まだ歩くことすら出来ていなかった。17歳の今、もう一度やり直すことが出来るだろうか

アリスは、たった一段の譜面に数時間もかけ、作曲家にも演奏者にも敬意を払うという、ポゴレリチにとって全く初めてのタイプの教師であったと彼は語ります。

バックはショパンの『夜想曲変ホ長調作品55-2』。
アリスと過ごして、実に多くのことを学んだ。レパートリーを増やし、視野を広げ、国境のみならず大陸を越えて演奏活動をした。自分を強く表現できるようになり、同じ理念のもとで演奏ができるようになった
しかし、アリスは癌の病状が悪化し、ついには亡くなってしまい、
世界が真っ暗になってしまった

背景に流れるのはバッハ『イギリス組曲第2番アルマンド』。
ポゴレリチはしかし、その失意の中で、新しい師マリーナに出会います。それは、再度の素晴らしい出会いであったと彼は語ります。
別の金のスプーンで、同じ飲み物を飲むような体験だった。若い頃には妻から、そして成熟したのちにはマリーナから、同じ純粋な知識を学ぶことが出来て幸運だったと思う

ショパン『ピアノ・ソナタ第2番第3楽章』のトリオ部分が静かに流れ、ポゴレリチは、これから、ドイツでポゴレリチ音楽祭を再開させる予定だと語ります。このほか、演奏会もあるので、
忙しくなります
と言いながら、ポゴレリチが自信満々の笑顔を見せたところで、インタビューは終わりです。

スタジオでは、このあと、森田アナが、NHKはこの演奏会を収録することが出来なかった、と話していました。やはりポゴレリチは、これまでの主義主張の通り、リサイタルそのものを収録して放映することは、許可しなかったと思われます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 22, 2005

ムジカノーヴァ12月号

ムジカノーヴァ12月号にも、二頁に渡ってポゴレリチの演奏会記事が掲載されています。原明美氏の文章です。演奏中のモノクロ写真が三枚。

ポゴレリチの演奏の特色はその「徹底性」にある、とか、全体が彼独自の時間で処理されている、等々の表現にはとても納得できましたし、「音価をできるだけ破壊し、自己による再創造に没入するような、ポゴレリッチ独自の美学を主張している」という部分にも同感でした。が、原氏は決して、今回の演奏を良いとは思われなかったようで、違和感があり疑問が残るという結論になっています。

次号はカラーで最新インタビューが掲載される予定だそうです(要・覚悟!?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月刊piano 12月号

JohnClark様の情報にありました通り、月刊piano12月号に、ポゴレリチの演奏会評が出ています。News soundsというコーナーで、モノクロ写真つき、三分の一頁ほどの量です。字数的に短いので特別につっこんだ評ではありませんが、全体としては肯定的に書かれています。取材・文は横田裕美子氏。

余談ですが、私はこの雑誌を今回初めて買いました。楽譜がたくさん載っていて、ピアノ学習中であればとても楽しい雑誌のようですね(^o^)。クリスマス・ナンバーのアレンジも、この季節ならではで、ちょっと弾いてみたいなと思いました(って私の場合、譜読みが終わらないうちに挫折する可能性大・逃)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

スイス公演

12月9日、スイスのルガーノ音楽院でポゴレリチの演奏会が行われるようです。yahooのポゴレリチ・グループに投稿されていた情報です。告知と同時に完売してしまったとのことです。積極的に演奏会を行っているのは喜ばしいことですが、何か突然に決まったり変更されたりとかは、ファンのほうが振り回されて、なかなか大変ですよね(^_^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2005

音楽の友12月号

やっと買って来ました、音楽の友12月号。モノクロですが、93頁から95頁までに渡って、ポゴレリチのインタビューと二枚の写真が掲載されています。取材・文は山田真一氏。私としては、なかなか面白く読ませて頂きました。

まず、彼の物凄いファッション・センスが垣間見られる写真が二枚(^_^;。この人は、ハーフパンツと、先のとんがった靴、という組み合わせがお好みのようで、若い頃からこういう系統の服はときどき着ていたのですが、今回はスキン・ヘッドとあいまって、奇抜さが際だっているような印象です。正直に申しまして私は、この最初のほうの写真のセンスには、全然ついていけないものがあります(逃)。

が、ページをめくって二枚目のほうの写真は、私は案外、気に入っています。私はこういうセンスはかなり好きです。マエストロに今更、ダークスーツを着て頂きたいなどとは思っておりません。ただ、マエストロ、これはオリエンタルではあってもジャパネスクではないのでは。なんだかインドシナのかほりがします。『王様と私』っつーか。出家した、という台湾でのインタビュー記事を、自分から遊びで利用してしまっているようなショットですね(逃×2)。

しかし写真などというものは所詮オマケでありサービスに過ぎません(こんなサービスは困る、と仰るファンの方もいらっしゃるかも!???)。面白いのはインタビュー記事のほうだと私は思います。今回の来日公演を聴いたあとで読むと、この内容は彼の演奏内容に関する、彼自身による解説となっていて、大変興味深いことがたくさん書かれています。

ショパンの後期作品のあとに、スクリャービンとラフマニノフを続けて演奏したことの意味、テンポ設定に関する彼の現代的解釈など、彼独自の切り口による見解が非常に面白いのですが、中でも、速度表記とは音の表情を表すものであり、メトロノームでいくつという数字的な速さを示すものではない、という彼の考え方は、様々に具体例をあげて説明されていて、ポゴレリチからこういうことを聞けたのは初めてではないかと、私にとっては、目からウロコのインタビュー記事でした。

音楽の友1月号にも、ポゴレリチの話の続きが掲載されると書いてありましたので、今から大変楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2005

ムジカノーヴァ1月号予告

今月から来月にかけて発売されるピアノ・音楽関連の雑誌は、ひとあたりチェックしなければと思っているのですが(^_^;)、音楽の友につづき、来月発売のムジカ・ノーヴァ1月号にもポゴレリチの記事か写真が掲載されるようです。

ムジカノーヴァ1月号予告

『ムジカノーヴァ』1月号 12月20日(火)発売とあり、『●カラー イーヴォ・ポゴレリッチ、アルド・チッコリーニ、ウララ・ササキ、長岡純子 ほか』と書かれています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

音友12月号予告

もう発売されている地域も多いと思いますが、『音楽の友』12月号にポゴレリチの記事が掲載されています。来日公演中に取材されたもののようです。

音楽の友12月号

「編集部だより」の欄に『もうひとりピアニストといえば、イーヴォ・ポゴレリチ。残念ながら筆者は取材出張のため聴くことができませんでしたが、ステージの照明を極端に暗くして、その演奏も異様とも思えるテンポだったとか。ポゴレリチ・ワールドに聴衆もア然だったようです。写真撮影にも応じてくれましたが、特異なファッション(本誌93、94ページ)は、またカラーで皆さんにご覧いただこうと思います。』と書かれています。

『写真撮影にも応じた』というあたり、やはり今回のポゴレリチは心身ともに、結構、好調だったように思われます。私もまだ読んでいませんので、とても楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

イーヴォ・ポゴレリチ OFF会サイト

先日のオフ会を取り仕切って下さいましたJohnClark様が、オフ会連絡用グループの掲示板を更に発展させて、イーヴォ・ポゴレリチ・OFF Ivo Pogorelichという新しいサイトをつくって下さいました。

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)によるHPで、皆様の積極的なご参加により、更に充実し可能性の広がる内容になっています。閲覧はどなたでも可能ですが、カキコミをして頂くにはユーザー登録が必要です。登録してログインして頂くと、更にたくさんのコンテンツをご覧になることが出来ます。

オフ会にご出席だった方もそうでない方も、またこれまでサイトBBSにカキコミをして下さった方もそうでない方も、この新サイトのほうに、お気軽に登録・ご参加頂けると嬉しいです。投稿後のご自身の文章を加筆・改稿・削除等、ご自由に編集して頂けるようにもなっています。

当面は、2005年来日公演に関するご感想を皆様で投稿して頂く『ファンレビュー』が、これから作成されて行く予定ですが、そのほかにも、CDや書籍のデータなど情報欄も充実しており、ディスクの人気投票コーナーや、携帯対応掲示板もあり、各種意見交換・情報交換の場として皆様に大いに活用して頂けるサイトです。どうぞよろしく御願い致します。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »