« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 27, 2005

続・1999年4月12日BBCのインタビュー

ポゴレリチ:私は本選に進むことが許されませんでしたが、それは服装などとは全く関係のないことです。当時のソビエト連邦の文化省の決定です。国際コンクールに関しては、悪名高い部署でした。独自の予算を持っていて、国際的なコンクールに参加するソ連のピアニストと一緒に、仕事をしたりツアーに出たりする人員も、特定の人たちでした。当時のソ連では、ステージで賞賛を受けるためには重要なことというのがあって、それが事前の決定に大いに関係していました。コンクールが行われる、だいたい一年前には、誰が優勝者になるか、皆、わかっていた、ということですよ。当時私はモスクワの学生でしたから。

BBC:落選の御陰で、貴方が有名になったのは、皮肉でしたね。

ポゴレリチ;そうですね。私が一夜にして世界的な存在になったという、それが、結果でした。しかし、その名声とともに、実にたくさんのことが同時に起こって、それらは、多かれ少なかれ、私にはまるでひとつのバロメーターのように感じられました。様々な国々における、文化的な面での、現実の理解力のレベルを示す、バロメーターのような、ね。私の演奏について、*******あなた方の国の名誉には*************(聴取不十分)

BBC:つまり貴方は、自分が注目を集めたがっていたという考え方は、全く否定するという・・・

ポゴレリチ:私には全然関係のないことです。申し訳ないが、私の****(聴取不十分)****が、その対象を決定するのだということを申し上げておかねばなりませんし、 今なお私は、音楽について書いている人たちに、私がディプロマを受けた音楽家であり、この仕事をするに相応しい資格を持った人間であることを思い出して貰わなくてはならないと思っています。

BBC:貴方は、オーケストラとの共演より、ソロで弾くほうが好きですか?

ポゴレリチ:オーケストラとの共演は好きですが、時間の使い方とか指揮者の選択とか、また、ある種の国々では保護されすぎると私が感じている労働者の権利の問題とか、それはそれはたくさんの問題があります。だから、リハーサルのための時間がどのくらい確保されて、特定のオーケストラとどのくらい良い準備が出来るかというと、疑問である場合もあるのです。

(ショパン『スケルツォ第3番』が流れる)

BBC:なぜこれを選びましたか。

ポゴレリチ:この音楽の含有しているもののために。それ以外の理由はありません。

BBC:これを個性的で非凡なやり方で解釈していますか。

ポゴレリチ:いいえ。私は、音楽を描き出すのに最も良い方法は、ひたすらにそれを聴き、ある種の帰結に至る、ということだと思っています。

BBC:ありがとうございました。

********************

とりあえず、以上です。このあと、手直しが可能な箇所は、また改めて加筆させて頂くつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2005

1999年4月12日BBCのインタビュー

ささやかですが、クリスマス・ギフトとして載せたいと予告しました、99年のBBCインタビューの訳がとりあえず、出来ました。まず前半をUPします。逐語訳としては不完全ですし、誤解・誤認等の箇所がありましたら、責任はすべて転妻よしこにありますことを予めおことわりしておきます。聴き取りに関しましては、ナオミ様に多大なご尽力を頂きました。本当にありがとうございました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。

1999年4月12日イギリスBBC放送Radio 3 “In Tune”より

(CD『展覧会の絵』より『チュイルリー』が流れる)
BBC:ムソルグスキーの『展覧会の絵』より、ポゴレリチ演奏の『チュイルリー』でした。イーヴォ、BBCラジオ『イン・トゥーン(In Tune)』に、ようこそ。特有の示唆に富む、かなり特異な解釈でしたね。 あれを、暗い嵐のさなかにある、小さな明るい陽気な絵として見る人がほとんどですが、あなたはどうご覧になりますか。

ポゴレリチ:絵画として、見ています。(笑)

BBC:どういう意味で。

ポゴレリチ:あらゆるディテールを持った、ひとつの、ただの絵画として。

BBC:このように有名な作品の解釈を、どのように始めるのですか。

ポゴレリチ:詳しく検証することによって、です。『展覧会の絵』に関しては、私はこれを演奏したいとは、長い間、思っていませんでした。今、聴いた『チュイルリー』のことではないのですが、別の曲で、技術的な面での解決策が必要だと思われるものがあって、それがわからなかったからです。それが、ある日、私はひとつの洞察に恵まれて、取り組み始めました。だからと言って、作品がより簡単になった訳ではありませんでしたが、自分にとってもっと説得力のある作品として弾けるようになりましたし、あの有名なオーケストラ版に見られるような豊かな表現を曲に与えることによって、絵画のイメージを実際に再生できるようになったと思っています。

BBC:これからあなたは、2週間後の夜、ロンドンのロイヤル・フェスティバルホールでリサイタルを行いますが、それは現実の絵のコレクションを守るために、収益を寄付するという演奏会ですね。

ポゴレリチ:こういう演奏会を行う、原因となるようなことが、この世でもう起こらないようになると良いのですが。チャリティのための演奏会など、いつかしなくてよくなってくれたら、と心から思っています。しかし不幸なことに、世界中で起こっていることは、相変わらず、我々がチャリティ活動をしなくてはならないような状況です。

BBC:これがどういうコレクションで、どこにあり、どうなったものか、ということを話してくれますか。

ポゴレリチ:詳しいことはわかりませんし、私は深入りしたいとは思っていません。私の役目は、ただ、そのイベントの中で演奏をすることで、この基金の役割は、集まった資金を最良のかたちで運用することです。

BBC:これはクロアチア東部のブコバルというところの、街の美術館ですね。この街はセルビア軍によって1991年にほとんど破壊されましたが、昨年、クロアチアに返還されました。クロアチアは貴方の祖国ですね?

ポゴレリチ:ええ、そうです。私の母国はクロアチアということになりますね。私はブコバルの戦渦を生き抜いた人たちに、実際に会いました。彼らに話しかけ、いろいろと聞かせて貰いました。極めて悲惨な話でした。私の望んでいることは、こうした人々が再びふるさとに戻ることができ、彼らの街を再建できるように・・・・ということです。

BBC:貴方はベオグラードの生まれですよね。

ポゴレリチ:はい。

BBC:ぶしつけな質問ですが、あなたはセルビア人ですか?

ポゴレリチ:(笑いながら)いいえ、いいえ・・・

BBC:クロアチア人ですか。

ポゴレリチ:私は、クロアチア人です。父がクロアチア人で、母はセルビア人です。私はベオグラードで生まれ、11歳までそこで暮らしました。

BBC:さきほど言っていた美術館は、ほとんど破壊されたのですが、一部のコレクションは、安全なところに保管されていたらしく焼け残っていました。演奏会はその絵のためにお金をつくるのが目的ですが、そのイベントの間に、今、ザグレブの、ホテル・エスプラナードにいる人たちを対象に、目的地はクロアチアのどこでもいいということで2名分の帰郷のためのチケットが当たる、抽選が行われます。これは我々から見ると、アイルランド紛争が最悪の状況にあるときに、ベルファーストに帰る切符を出す、しかしそこは多分、全然安全な場所ではない、というようなことではないかと思いますが、・・・・クロアチアは今、行ってみられるようなところなんですか。

ポゴレリチ:完全に逆です。私は一昨日、ザグレブで知り合いの結婚式に出席して、それで戻ってきたばかりですが、むこうは、英国航空で旅行するのに、全く安全な場所ですよ。

BBC:そうですか。さて、ロイヤル・フェスティバルホールで、2週間後の4月26日月曜日に行われるリサイタルで、我々はこれから、貴方の演奏を聴くことになりますね。ラヴェルの『夜のガスパール』の三曲から、聴いてみましょう。この中には、ピアノに関して書かれた、非常に難しい作品が含まれていますね。

ポゴレリチ:(笑)ええ、だいたいそのように考えられていますね。

BBC:しかし、「オンディーヌ」は、技術的にというより、感情表現の面で、やり甲斐があるのでは?

ポゴレリチ:技術的な面でもありますよ。

(CD『夜のガスパール』より『オンディーヌ』が流れる)

BBC:技術的にも感情表現の点でも、弾き甲斐のある、ラヴェル『夜のガスパール』より『オンディーヌ』、イーヴォ・ポゴレリチの演奏でした。さて、イーヴォ、控えめに言っても貴方は、「物議を醸す」演奏家ですよね。例えば一年前、「デイリー・テレグラフ」のブライアン・ハントは、あなたのショパン『前奏曲集』を指して、貴方の演奏はエキセントリックで気ままで腹立たしいものだと評し、更に彼は、プロコフィエフの『ロメオの別離』では、:*******(聴取不十分・意味不明瞭)だと言っていました。・・・貴方は批評を読んでいますか。

ポゴレリチ:いいえ。

BBC:批評家のそういう反応について、貴方がどう思っているかと訊ねたかったのですが、では、それがきっと貴方の答えですね、全く意に介していない、という・・・・

ポゴレリチ:資格というものが何なのか、新聞の編集部の一員になる基準とは何なのか、私にはわかりません。以前、このイギリスで、私の録音が農学の学位を持った人によって批評されていたことがありました。多分、適当な人がほかにいなかったので、その人がそういう立場になって編集をしたり、演奏会や録音についての記事を書くことになったのでしょうが。だから私は、そのようなものについては、コメントできません。

BBC:にも関わらず、あなたは1980年の初めには、わざと.******(聴取不能・極めて不明瞭)しましたよ。

ポゴレリチ:(途中で遮るように)もう一度仰って下さい。

BBC:1981年、21歳のとき、あなたはかの有名なショパン・コンクールで・・・・

ポゴレリチ:わざと、どうしたのか、の箇所をもう一度言って頂けませんか。そのような言い方に相当する、どのようなことを、私がしましたか。

BBC: まあ、つまり貴方は、普通とは違う服装を、していましたよね。

ポゴレリチ:全然していません。あれは全く唐突に報道されたことです。

BBC:.貴方は(映画の?)『Maverick』みたいだったそうですね。

ポゴレリチ:私は本選に進むことが許されませんでしたが、それは服装などとは全く関係のないことです。

(つづく)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 21, 2005

MUSICA NOVA1月号

私はまだ読んでいないのですが、ムジカ・ノーヴァ1月号には、ポゴレリチのことが、カラーで3ページ、掲載されているそうです。またまた、かなり、突拍子もない内容らしいです。彼のヒトトナリには大変、興味深いものがあります(^_^;)。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

December 20, 2005

12月9日スイス公演

yahoo!のポゴレリチ・スレによると、ポゴレリチは9日、スイスのルガーノで予定通り演奏会を行ったようです。

yahooに投稿している人は、その演奏が全く気に入らなかったようで、「ひどくねじ曲がった弾き方で、ポゴレリチはマトモとは思えない、演奏活動をするより医者に行け」というようなことを書かれていました(^_^;)。「どのように「ねじまがった」解釈だったのか、もっと聞かせてくれ」というレスがついていましたので、続報が投稿されるかもしれません。

プログラムが何だったのか不明ですが、先だっての来日公演のような内容だったとすると、聴衆の誰でもが受け入れらるものでは到底あり得なかったでしょうから、最初の投稿者の方のお怒りも想像ができるような気がします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 19, 2005

音友1月号・音現1月号

音楽の友1月号には、ポゴレリチのインタビューとポートレイトがカラーで掲載されています。何度見ても奇想天外なファッションセンスと「なりきり」のポーズで、つくづくオモロい人やなと思ってしまいましたが、しかし、前回、モノクロだったためにわからなかった彼の服の色合いが、今回は小物に至るまではっきりわかって、私にとりましては、かなり印象が変わり、実にお洒落な色遣いだなと思いました(ファン馬鹿と笑って下さってイイです)。

インタビューではポゴレリチ・コンクールのことにも触れています。やはりこれはこれで、音楽祭とは別に、開催の予定はあるようです。また、写真の下には小さい活字で、「2006年も多彩なプログラムでの来日公演が計画されているようだ」、と意味深というか意味不明に近いことが書かれています。これって本当に来日するんでしょうか、それとも計画してみているだけ!?

音楽現代1月号にも、ポゴレリチのリサイタル評が出ています。中村靖氏の文章です。私は、今回のリサイタル関連ではここで初めて、分析的に聴いた成果を発揮している批評文を読むことが出来、とても嬉しく思いました。特に、ポゴレリチの弾き方ではショパンはポリフォニーになっている、という指摘には完全に同意です。与えられている字数が短いので、一曲一曲についてもほんのさわり程度しか触れられていませんが、それでもなかなか読み応えのある文章だと思いました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 14, 2005

プログラム変更の件について

今回の来日公演に関して、本当にたくさんの方がご自身のblogその他で当日の印象等を記録していらっしゃるのですが、それらに共通して指摘されていたことのひとつが、『直前になってプログラムが全曲、変更になった』ということでした。

確かに、梶本音楽事務所のサイトにプログラム変更の告知がUPされたのが、10月20日(ポゴレリチの誕生日・爆)で、演奏会の三日前のことでしたので、多くの方々が直前になって突然の全面変更だとお感じになったのは無理もないことなのですが、私はこれに関しては、「単に告知が遅くなっただけ」だと思っています。もしくは、「ポゴレリチからの連絡が遅くなっただけ」だろう、と。

推測に過ぎませんが、おそらくポゴレリチは、今年の前半、もしかしたら今年の初めくらいには既に、秋のアジア公演では、
ショパン : 夜想曲 ホ長調 op.62-2
(ショパン:夜想曲 変ホ長調 op55-2)
ショパン : ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58
スクリャービン : ピアノ・ソナタ第4番 嬰ヘ長調 op.30
ラフマニノフ : ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 op.36

を弾くつもりになっていただろう、と私は思っています。

なぜなら、2005年のシーズンが始まって以降ずっと、彼のソロ・リサイタルのプログラムは、上記のものひとつだけしかなかったからです。厳密に言うと、年頭のスイスやクロアチアでの演奏会がどういうプログラムだったかは、私には追跡できませんでしたので、その部分だけは不明ですが、少なくともその後のドイツ公演やザルツブルグ音楽祭、そして勿論、アジア公演が始まってからのクアラルンプールや台北での演奏会などは、すべて、上記の曲目で行われました(二曲目の夜想曲は途中からカットされましたが)。ポゴレリチが、ほぼ一年間、ひとつのリサイタル・プログラムで通すことを好むのは80年代から既にそうでしたので、今回も、彼が日本公演でだけ、突然、違うプログラムで演奏するとは、考えにくいことでした。

ではどうして、当初、日本公演に関しては、ベートーヴェンやリストを弾くというプログラムが発表になっていたのか、ですが、あのプログラム(変更前のもの)は、実は2004年秋のアメリカ公演の演奏曲目です。ポゴレリチの来日公演が決定したのが多分、去年の秋で、その時点での彼のリサイタルの曲目がベートーヴェンやリストだったために、とりあえずその曲目を「予定」として彼が言って来て、梶本音楽事務所のほうでもそれを発表せざるを得なかったのではないか、と私は思います。

ともあれ、そういう流れから見て、ポゴレリチのプログラム変更は、決して、直前になって突然に決めたことではなかった、ということを私は指摘しておきたいと思います。「やっぱり回復していないのか」「直前になってみたら自信がなくなったのか」「やる気がないのか」等々とご心配・ご不満を記していらした方々もありましたが、これらの経緯から、そういう直前の心理面でのトラブルは無かった(あったとしても演奏曲目には直接関係なかった)と思われます。責められるべき点があるとすればそれは、「演奏会直前の心変わり」ではなく、「連絡の不徹底」のほうだろうと私は思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 13, 2005

来日公演感想(その3)

10月23日の東京公演について記述されているblogのご紹介を、更に続けます。

『競馬と音楽とその他の日々日記』より「ポゴレリッチのリサイタルにいく 」:by ふみ様

『風の中の羽根のように』より「イーヴォ・ポゴレリッチ@サントリーホール 10月23日(日)」:by ご老公様

『hiromu writes a diary!!』より「とんがり焼きの衰退」:by hiromu様

『On and Off』より「ポゴレリチ」:by _様(お名前がわかりませんでした。すみません)

『不壊の槍は折られましたが、何か?』より「イーヴォ・ポゴレリチ」:by Wanderer様

『まりこのうろおろ日記』より「ポゴレリチ後遺症」:by いとうまりこ様(前々回、「ポゴレリッチ しゅ~」をご紹介しましたが、こちらのほうが演奏会のご感想としてはメインですね。改めてリンク貼らせて頂きます<(_ _)>)

『love actually』より「Ivo Pogorelich」:by matsum様


今朝は楽天がメンテ中ですので、一時的に記事が見られなくなっているblogもあり、とりあえず、ここまでにしますが、この項目は更に続きます。本当にご感想が様々あり、拝見させて頂きながら、今改めてリサイタルの夜のことを思い出しています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 11, 2005

来日公演感想(その2)

様々なblogで、10月23日東京公演に関するご感想がUPされていますので、引き続き御案内したいと思います。

『chem-duckの日記』より「イーヴォ・ポゴレリッチ@サントリーホール 2005/10/23/Sun.」:by chem-duck様

『ある音楽馬鹿の徒然カキコ♪』より「驚異のピアニズム」:by みゅう太様

『~MusicinYourHeart~』より「イーヴォ ポゴレリッチ」:by kosodatechuピアニスト様

『ピアノ好きの「今日もてきとーに♪」』より「ポゴレリッチ」: by ymtokyo様

『■売り上げアップ支援隊■』より「3倍のスピードで」:by しらさわ あきこ様

『感動への招待 Invitation to Impression』より「6年ぶりに来日した「戦慄のピアニスト」とは?」:by mahalo04様


前回と合わせ、ここまでで、私の発見したもの全体の半分ほどです。このコーナーは更に続けます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 09, 2005

本日はスイス・ルガーノ公演

yahooポゴレリチ・グループに投稿されていた情報によりますと、本日ポゴレリチはスイスのルガーノで公演するようです。ルガーノはスイス南部の街で、ポゴレリチはルガーノ音楽院(the Lugano conservatory)でコンチェルトを弾くらしいです。公式サイト等にたどり着けなかったので、詳しいことはわかりませんが、今、協奏曲を弾くとしたらプロコの3番だろうと思われます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

来日公演感想(その1)

今年のポゴレリチ六年ぶりの来日公演に関しましては、たくさんの方がそれぞれのサイトやblogでご感想を書いていらっしゃいまして、賛否はともあれ、彼の演奏会が多くの注目を集めるものであったことが強く感じられました。私は検索でそれらに巡り会い、どれも非常に興味深く読ませて頂きましたので、少々、遅くなりましたが、こちらでも、リンクを貼るかたちで、いくつかご紹介して行きたいと思います。

『半分の月』より「イーヴォ・ポゴレリチ ピアノ・リサイタル(10/23)」:by境山様

『かねこのひとりごと』より「二晩続けてなんという夜だったのだ」:byかねこ様

『ふらんくのクラシック音楽視聴記』より「イーヴォ・ポゴレリッチ(ポゴレリチ)のリサイタル」:byふらんく様

『まりこのうろおろ日記』より「肌寒い雨の一日」:byいとうまりこ様
(まりこ様は他の箇所でもたくさんポゴレリチについて言及して下さっているのですが、私はこの、「ポゴレリッチ しゅ~~~」がとても気に入ったので、ご紹介させて頂きました。すみません<(_ _)>。

『kazuの音楽室』より「異形(いぎょう)の天才、ポゴレリッチのリサイタルを聴いて 」:by kazu様

『時々日記帳(本・音楽・ステージ・アロマなど)』より「ポゴレリチリサイタル」:by碧様

『minamina日記』より「衝撃の復活:イーヴォ・ポゴレリッチ。」:by minamina日記様

『歩記』より「奇跡のピアニッシモ」:by 歩記様

『新宿西口発 札幌行き』より「大人のデート4」:by omino-gunzou様

『晴れた朝も雨の夜も』より「ポゴレリッチリサイタル」:by風間様

『JAPAN-ITALY』より「ショパンコンクール&ポゴレリッチ」:by hironao-suzuki 様

以上で、まだ三分の一ほどです。以前からサイトのほうでリンクさせて頂いている方々以外は、検索で出会った順になっていますので、全体に、順不同とお考え下さいませ。この項目はしばらく続けたいと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 04, 2005

英語版Wikipedia

英語版のWikipediaでポゴレリチを引いてみることを、今までしていなかったのですが、やってみたら、Pogorelichではなく、Pogorelićというクロアチア語の綴りのほうで出ていました。

Ivo Pogorelić

最後に書いてある、「アリス・ケジュラッゼが教えてくれた最も大切なこと」という文章は、どこからの引用だったかしら。以前、この内容自体は、見た記憶があるのですが、何に出ていたものだったかが、思い出せません(^^ゞ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 03, 2005

本日はアテネ公演

ポゴレリチは12月3日、ギリシアのアテネで公演します。プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を演奏する予定です。

Greece, Athens:
Cultural Events Nov. 2005 - Apr. 2006

The Athens State Orchestra conducted by Byron Fidetzis, in works by P.I.Tchaikovsky, M. Pallantios, S. Prokofiev.
Piano: Ivo Pogorelich

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 02, 2005

Gloria最新号

日本時間の昨夜更新されたクロアチア版フライデー(殴)のGloriaで、ポゴレリチのアジア公演の模様が報道されているようです。

Najveći tulum za rođendan

とりあえず写真を鑑賞するのみですが、マエストロが、ハーフパンツだけでなく、たまには長いパンツも御着用になるのだとわかって安心しました(逃)。いつも隣には奥様がご一緒で、お幸せそうですね(*^_^*)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »