« July 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

September 29, 2007

9月14日ブレシア公演

Yahoo!のポゴレリチGroupに、9月14日の、イタリア・ブレシア公演のレポートが投稿されていました。曲目は下記の通りです。アンコールは無しです。

ベートーヴェン:ピアノソナタ作品111
ベートーヴェン:ピアノソナタ作品78
ブラームス:間奏曲作品118-2
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番作品36

投稿者の方は、ポゴレリチによる、これらの曲目の演奏が、一般的な印象としては違和感を与えるものであることを認めたうえで、自分にとっては非常に首尾一貫した説得力あるものだったと、結論としては好意的に書かれています。

演奏については実際に聞いていないので、私は想像するのみですが、それは別として、ファンとしては、そろそろ、全く違う曲も聴いてみたいという欲求がおさえられなくなってきました。若い頃から、ポゴレリチは同じ曲を繰り返し取り上げ、幾通りもの考えを示してみせるタイプのピアニストではありましたが、ここ数年、あまりに限定された何曲かだけで、ぐるぐるとプログラムを組んでいるような印象が、どうしても、拭い去れません。パッショナータはどこへ行った!?メフィストは!?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 26, 2007

久々にGloriaの記事

クロアチアの雑誌Gloriaにポゴレリチの記事が出ていました。小さいもので、例によって意味不明です。あとでクロアチア語の辞書を引いてみます(無謀)。
Glazbeni atelijer s pogledom
(同じページの、下半分の記事はポゴレリチとは無関係です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2007

自由時報

今回のマスタークラスについて、台湾の自由時報2007年8月29日付に、開催直前のグウィニス・チェンを取材した記事が出ていました。

それによると、グウィニス・チェンは、まずドイツのショパンピアノ協会の招聘によってハノーバーに出かけてピアノ・リサイタルを行い、その後、スイスに行ってポゴレリチと合流し、一緒に台湾に来ることになっている、ということでした。実際には、台北教育大学のサイトで見たところでは、マスタークラス初日はポゴレリチの飛行機が遅れて休講、と出ていましたので、天候の問題かもしれませんが若干の予定変更を強いられた点はあったようです。

記事には、グウィニス・チェンが、ポゴレリチから影響を受けて、チャリティ・コンサートを行うことに対して積極的になったことが書かれています。また、トレーニングの一環としては、少林寺や気功などに取り組んでいるらしいことも出ていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2007

台湾マスタークラス、ちょっと休講!

17日から、ポゴレリチは台湾の国立台北教育大学で、約一週間のマスタークラスを行うことになっていたのですが、なんと、大学のサイトを見たら、18日の講義がいきなり休講になっていました。その原因は台風です。19日から23日は予定通り行われるとのことです。

国立台北教育大学音樂研究所

指導曲目としては、Chopin Klavier Sonata Op.35、Chopin Barcarolle in F-Sharp Major,Op.60、Brahms Paganini Op.35 Book I、Rachmaninoff piano concerto No.2、Chopin:Scherzo No.2 Op.31、Johann Sebastian Bach Toccata in d minor BWV913、Rachmaninoff Sonata No.2 in B-flat Minor,Op.36、Chopin Ballade No.4 Op.52、Chopin: Ballade No.3 op47、Prokofiev:Sonata No.6,Op.82、Liszt: UNGARISCHE RHAPSODIEN Nr.15、Chopin Ballade Op.52、Liszt Ballade No.2、・・・等々が掲載されています。

その後、予定に変更がなければ、30日には現地オーケストラとの共演での協奏曲も予定されています。今のところ詳細はわかりませんが、このマスタークラス開催に関する記事が、各種新聞に掲載されています。

鋼琴家波哥雷里奇大師班 17日北教大展開

機械翻訳で読んだ範囲では、記事の内容は、ポゴレリチの経歴とマスタークラスの日程、助手のグウィニス・チェンの紹介、等々です。実際にどのようなマスタークラスになったか、あとでもっと詳しいことがUPされると嬉しいのですが、このあとも、台北教育大学のサイトに、期待しても、いいかしら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 05, 2007

ロヴロ・ポゴレリチの夏フェスティバル

イーヴォの弟ロヴロ・ポゴレリチは、クロアチアを拠点に独自の活動を展開していますが、そのひとつに、2002年から続けているサマーフェスティバルがあります。今年は8月2日から行われたようです。
ロヴロ・ポゴレリチ公式サイト

Festival Paško ljeto 2007,
August 2 concert in Cathedral
Stefan Milenkovich, violin
Ivan Repušić, conductor
Zadarski komorni orkestar

all further concerts will take place in
St Fran’s Church:

August 3 Lovro Pogorelić, piano
August 5 Flatiron Trio
August 6 XL Tuba Quartet ZF
August 9 Petrit Çeku, guitar
August 11 Edin Karamazov, guitar, lute
August 12 Dorotea Racz, violoncello, and Renata Hill piano
August 13 Konstantin Bogino, piano

concerts starts at 9.00 pm

イーヴォ・ポゴレリチとは全く接点も協力関係もないフェスティバルですので、兄のほうのファンとしてはその点が残念ではありますが、ピアノリサイタルだけではなく、協奏曲あり、弦楽や吹奏楽も含むデュオやトリオやカルテットあり、ギターありで、大変にバラエティに富んだ内容となっているのが興味深いと思います。最終日の8月13日にリサイタルを行ったコンスタンティン・バジーノは、ロヴロの先生だった方です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | October 2007 »