« 11月16日ミュンヘン公演評(独語) | Main | 今月のClassica Japan »

November 25, 2008

2007年バーデン・バーデン公演評・和訳

先日来、大変お世話になっておりますぶぶか様が、さらに2007年5月26日の、バーデン・バーデン公演評Tradition et expériences insolitesを、フランス語から日本語に翻訳して下さいました。これは先日のColosse aux pieds d’argile(Concerto.net)(和訳はパリ公演評・和訳2)の三段落目で「過去記事参照」としてリンクされていた文章です。

原文のほうは、このときの音楽祭の一環で開催されたコンサート3種を批評しており、最初はヴェルディのオペラについてで、ポゴレリチの評は最後から2段落目のみ、最後はオペラ歌曲のコンサートについてとなっています。また、1段落目にポゴレリチの名前が出てきますが、1段落目は最近のこの音楽祭の陰りについての評で「ムターやポゴレリチはサルツブルグ音楽祭の要人と近年コンタクトがある」という一文で彼の演奏とは関係なく重要な箇所ではないそうです。ですので、ポゴレリチの演奏会評の部分のみを和訳して頂きました。題名は「伝統と風変わりな体験」、・・・ポゴレリチがそのどちらであるかは、評を読まずとも皆様の御推測の通りと思います(笑)。

***************

「伝統と風変わりな体験」より抜粋

一方で、唖然とするオリジナリティーのイーヴォ・ポゴレリチのリサイタルの一こまを忘れることは出来ない。その儀式は変わることは無く、我々はそれに慣れることさえできる。薄暗く、端を折られた楽譜をめくる譜めくり人が規則正しい間隔で彼のぎこちない影を広げる(正直にいうと、とても目障りなのだが)。演奏者の無表情さに我々は「彼はここにいることを本当に望んでいるのだろうか…」と自問する。これら詳細で気分を害するのは避けたほうが良く、むしろ減多に体験でき無いチャンスとして彼のピアノへの心の旅に浸るがままにしたほうが良い。時としてある種の金属的な輝きを与えつつ、ダイナミックさの幅は巨大である。しかしながら、むしろフレーズの柔軟性が通常ピアノに許された全ての境界を越えているようにも見える。その点に関しては、まずプログラムの最初に弾かれたブラームスの「間奏曲作品118-2」の常識を逸した遅さが、まるでレッスンのごとく我々を瞑想させ、いくらかのこまごまとした音がそこでは恐ろしい力を得ることができる。こんな遅さは何に良いのだろう?この態度、あまりに勝手優位な姿勢を声高に非難することもできるが…。疑いも無く、魅了されるがままにしたほうが良い。その上、プロコフィエフの「ソナタ第6番」との風変わりなつながりを許しつつ、聴衆はあまりに茫然として拍手することも忘れた。一歩も譲らない集中力を要するソナタは、まるで時計職人のような細心さとともに、それぞれ独自の価値をもった詳細なフレーズがつながり、そしてあまりに広大過ぎる解釈は境界を越え完全に無限大となった。

後半最初に弾かれたグラナドスの3つの「スペイン舞曲」もやはり奇抜な演奏で、リズムの正確さは寛大なスペイン的雰囲気を作品には許さない。打ち鳴らされる前打音、スローモーションで腰を振る様子、淫らさというより一層催眠術のよう、ドライポイントによるゴヤのデッサン、茫然とした現代性。ついには「夜のガスパール」だけが最近のポゴレリチを見出すだろう。それは根本的には彼のエキセントリックさを超えていたが、それでもピアニストでありつづけ、耳の破壊者ではなかった。「オンディーヌ」は隠し包まれた優美さを保っていたが、現在の彼のあまりにダイナミックな弾き方ではピアノのメカニズムはもはや通常どおりには機能しない。「絞首台」も同様に印象的で、主としてラベルによって指示された魔法によって弾かれた。「スカルボ」にいたっては、力強さというのは、ポゴレリチのような人でさえも何よりもまずミスをしないように集中しなければならないというような技術的要求を確認するためであった(十分に猛烈な譜読みだが、損なった箇所がかなりあった)。2回目に呼び出された際、アンコールとしてバラキレフの「イスラメイ」を通してとどろくような騎行を見せた。名演奏に等しい。それもそのはず、「スカルボ」のそれは着想を得たものではあったが、同時に筋力の強さの披露により音楽的には目がくらむほどの崩落であった。10ページちょっとあまりの驚くべき肉体的偉業の後、ピアニストは最後の挨拶をし、立ち去った。次回彼を見るのはいつの日か?

ローラン・バルテル

|

« 11月16日ミュンヘン公演評(独語) | Main | 今月のClassica Japan »

2007年 演奏会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007年バーデン・バーデン公演評・和訳:

« 11月16日ミュンヘン公演評(独語) | Main | 今月のClassica Japan »