2010年 演奏会

September 09, 2011

2010年ポーランドでの動画(部分)

下記サイトの中で、ポゴレリチの演奏の動画が部分的にですが見られます。

Podsumowanie XV FKP
ショパンのヘ短調コンチェルト(2番)の演奏です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2011

年末ポーランド公演

http://www.wieniawski.pl/napisali_o_nas.htmlによると、ポゴレリチは12月にポーランド公演を行い、中でも15日には初めてのポズナム公演があり、満員の大喝采であったとのことです。

しかしこのツアー、悪天候でフライトが変更になり、ミュンヘンからポズナムに来ることが出来ずにワルシャワ経由となり、更に荷物を紛失、ポゴレリチにとってはアクシデント続きの幕開きとなってしまいました。ポズナム公演ではポゴレリチは、普段着の、縞のシャツ姿でステージに登場し、「皆さんは正装していらっしゃいますね。私は囚人服で弾きます」と言ったということです。

曲目はショパン、ラヴェル、ブラームス。スタンディングオベーションを受けるも、アンコールは演奏しませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2010

ザルツブルク音楽祭、出演キャンセル

7月28日、31日と、ポゴレリチはザルツブルク音楽祭に出演を予定していましたが、「夏風邪のため」キャンセルと発表されました。前日までリハーサルはしていたそうなのですが、残念です。休息して順調に回復されますようにと祈っております。代演は小菅優さんです。開演20時間前にキャンセルとなりましたので、この時点で近郊にいてプログラムのショパンのピアノ協奏曲1番が演奏可能、ということで小菅さんがお引き受け下さったとのことです(99年にポゴレリチがアメリカでラフマニノフ2番を開演11時間前にキャンセルしたときも、同様の理由でアンドレ・ワッツが代演したことを思い出します)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 30, 2010

伝言:ポゴファンサイトのお友達の皆様

5月3日・5日・6日のポゴレリチ来日公演に際しまして、以前行いました寄せ書きイベントやオフ会などの企画が今回もあるかどうかとお問い合わせを頂きましたが、今のところ、何も考えておりません。すみません。

時間的余裕があまり自分のほうになかったことや、自分自身が確実に行けるかどうか不安に思ったこと、また、そもそも本当に来日するのかと疑ったこともありまして(殴)、結局何も計画しないまま、このように公演が間近に迫ってしまいました。これからオフ会等を告知したり出欠確認をしたりすることは、残りの日数を考えても難しいと思います。

ですが5月3日も5日も6日も、いずれも、私自身は公演終了後は急ぐような予定にはしておりませんので、私あてにメールを下さいましたら、当日の居場所など今わかる範囲で御返事をさせて頂きます。そのときのご都合次第で、お目にかかれる方々と、近くで座ってお話するようなかたちなら可能かと思っております。

また、もし以前のようにポゴレリチ本人が機嫌良く、演奏会後にサインなどに応じてくれるようでしたら、自然にサントリーホールの楽屋口あたりでポゴファン仲間の方々がお集まりになるのではないかとも思います。

大変曖昧なことで申し訳ございませんが、ご都合よろしければ、どうぞいつでも私宛に御連絡下さいませ。yahooのメアドも携帯から見ることが出来ますので旅行中も御返事は可能です。また以前オフ会などでお目にかかって私の携帯メアドをご存知の方は、演奏会前後にメールでも入れて頂けましたら、私の席番号やそのときの居場所など御返事を差し上げます。

いつもネットやメールでお目にかかっている方々と、この機会に直接お喋りさせて頂けましたらと思いますので、お時間がおありでしたら、どうぞよろしくお願い致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2010

4月28日協奏曲のチケット(ポゴ氏×デュトワ)

アルゲリッチの代演でポゴレリチの弾く28日の協奏曲ですが、払い戻しと同時進行で「当日引換券」が販売されているようなので、残席数や席種などの状況が日々、変化しています。

ポゴレリッチ×デュトワ指揮フィラデルフィア管弦楽団(イープラス)
4月28日(水)19:00@東京サントリーホール
10/4/23(金)10:00~10/4/28(水)14:00 受付

今朝ほどは一時、S席からD席まで含めた全席種が出ていました。聴きたいがS席A席の値段がネック、という場合、諦めずに時間を変えてアクセスなさることをお勧めします。良いタイミングで戻り券と巡り会えれば、ご希望の席種が入手できる可能性が、まだあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2010

4/28ポゴレリッチ 当日引換券 発売

ポゴレリッチ×デュトワ指揮フィラデルフィア管弦楽団(イープラス)
4月28日(水)19:00@東京サントリーホール

本日10:00より発売、4/28(水)14:00まで。
ただし期間内でも予定枚数終了次第、受付終了となります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2010

ポゴレリチ28日代演のチケットについて

ポゴレリチ(ポゴレリッチ)がアルゲリッチの代役で弾くショパンのコンチェルト(4月28日公演)ですが、当日引換券となるチケットが発売されます。発売日は4月23日(金)です。ご希望の方は、明日のうちにKAJIMOTOにお問い合わせ下さい。

カジモト・イープラス : 0570-06-9960

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2010

アルゲリッチの代演でポゴレリチ登場

4月28日(水)19:00サントリーホールでの、デュトワ指揮フィラデルフィア管弦楽団との協奏曲で、ソリストだったマルタ・アルゲリッチが娘さんの出産に立ち会うため帰国を決定、代演としてポゴレリチが登場することになりました。本日17時過ぎ、KAJIMOTOのサイトに正式発表が載りました。

フィラデルフィア管弦楽団 4/28公演ソリストおよび曲目変更のお知らせ(KAJIMOTO)
【変更後の曲目】
ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」op.9
ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 op.21
   (ピアノ: イーヴォ・ポゴレリッチ)

ラフマニノフ:交響的舞曲 op.45
ラヴェル:ラ・ヴァルス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2010

エルサレムで怒る

3月18日付のCity Mouse Onlineによると、ポゴレリチは17日のエルサレム公演の際、聴衆の態度が気に入らず、ステージからクレームをつけたそうです。この日、客席の雰囲気は最初からポゴレリチにとって良いものではなく、ポゴレリチはステージの上から、静かにするようにと英語で言い、一曲目が終わると再び聴衆に向かって、『黙ってくれるのなら、ここで続ける。そうでなければ私は帰る』と言ったそうです。

記事に掲載されている、その場にいた人の話によれば、『耐え難いほど喧しかったわけではないし、普通の程度だった』ということなのですが、ポゴレリチ側に言わせると、『私語が多く、携帯が鳴り、プログラムのページをめくる音もやまず、演奏中、大変に煩わされ、集中できなかった』とのことで、果たしてどちらが客観的なのか、いずれも主観的なのか?

ともあれこの日の演奏会は、とにもかくにも、このあと予定の曲目で進行し、最終的にポゴレリチは拍手を受けて退場しましたが、聴衆には彼がとても怖い演奏家であるという印象が残ったということです。これに先立つ15日月曜日には、ポゴレリチはテル・アビブのマン・オーディトリアムでやはりリサイタルを行いましたが、『音楽の破壊』『最悪』『悪夢のよう』と、これは演奏内容そのものについての酷評が、現地新聞に掲載されていました。(Ivo's the stormy tones)。

今回のイスラエルツアーとしては、3月18日の時点では、翌19日のベエル・シェヴァ公演で終了という予定、とのことでした。その演奏会が予定通り行われたかどうかは確認が取れていませんが、キャンセルになれば記事に出たでしょうから、恐らく、リサイタルは、あったのではないかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2010

ラ・フォル・ジュルネに登場!

ポゴレリチが、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010(東京)の二日目に登場します。

5月3日 14:30-15:30 ホールA
イーヴォ・ポゴレリッチ(ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ヤツェク・カスプシク(指揮)
エルスネル:交響曲ハ長調作品11
ショパン:ピアノ協奏曲第2番ヘ短調作品21
S4000 A3000 B1500 中高生500

ラ・フォル・ジュルネの歩き方

| | Comments (0) | TrackBack (0)