« BBC Radio3 | Main | ポゴレリチ少年時代の映像について »

September 02, 2011

少年時代、70年代モスクワ

mixiのポゴレリチ・コミュニティで某氏から教えて頂いたのですが、facebookのThe Cult of Ivo Pogorelich Fan Clubに、ポゴレリチの少年時代の映像がUPされています。『70年代モスクワ』とあるので、70年代半ば頃の撮影かと思われます。内容は、短いインタビューと、リスト=シューマン『献呈』、シューマン『飛翔』の2曲の演奏が収録されています。取材に堂々と答える十代のイーヴォ少年の姿も印象的ですが、何より演奏部分が、アリス・ケジュラッゼ女史の指導を受ける前の弾き方を収録したものとして、大変貴重な記録だと思います。

11歳で親許を離れ、ザグレブからモスクワへひとりで留学することになったポゴレリチは、後に当時を回想して、「中央音楽学校に入ったときには、本当に衝撃を受けた。だって、クラスにいた皆は、ひとりの例外もなく、全員が、僕よりもずっと上手だったから」「僕は皆に追いつくためだけでなく、彼らの中で抜きん出るために、稽古しようと思った」 等々と語っていました(Elyse Mach 1988『Great Contemporary Pianists Speak for Themselves』)。

|

« BBC Radio3 | Main | ポゴレリチ少年時代の映像について »

テレビ・ラジオ関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 少年時代、70年代モスクワ:

« BBC Radio3 | Main | ポゴレリチ少年時代の映像について »